飲食するヘルシー
Healthy Item 2022

はじめに

健康のための食品・飲料、成分・素材

食の価値を健康からとらえます。
健康を意識してとっている食品・飲料、
そして、健康のためにとりたい成分・素材
さらに、健康食品・サプリメントへの
健康への効能効果への期待についてです。

<ヘルシーコンシャス食品>
健康を意識して摂っている食品・食材を
ここでは“ヘルシーコンシャス食品”と呼びます。
ふだんの食事や間食で食べている食品に対する
健康意識の実際を明らかにします。

<ヘルシーアイテム>
健康食品やサプリメントの成分・素材について、
認知、摂取、摂取意向を明らかにします。

<効能効果><健康インデックス>
健康食品・サプリメントに期待する効果効能、
および、気にしている健康の測定診断の事項・指標
を明らかにします。

時系列データでみるトレンド

調査は2006年から行ってきました。今回が15年目。
ここでは、2015年~2021年の7年間の
時系列分析を行い、
ヘルシーコンシャス食品、ヘルシーアイテム、
期待する効果効能のトレンドを明らかにします。

<ヘルシーコンシャス食品>
健康を意識して飲食している食品・食材

ヘルシーコンシャス食品の
1位はヨーグルト、2位は納豆

健康を意識して摂っているヘルシーコンシャス食品、
生鮮食品や加工食品、飲料など121品目を調査しました。

ヘルシーコンシャス食品の1位は「ヨーグルト」です。

2位は「納豆」、3位は「牛乳」、4位は「豆腐」。
トップ4は、「ヨーグルト」と「牛乳」の乳系、
「納豆」と「豆腐」の大豆系が占めています。

5位は「たまご」です。
6位から8位は「緑黄色野菜」「トマト」「きのこ類」、
10位は「ほうれん草」、トップ10のうち4品目が野菜です。

野菜以外の生鮮食品では、
果物では13位の「バナナ」が最上位です。
肉類は16位「豚肉」17位「鶏肉」が入ります。
魚類は24位「青魚類」25位「サバ」です。

飲料では12位「乳酸菌飲料」、14位「トマト・野菜飲料」
があります。

ヘルシーコンシャス食品 トップ25

「チーズ」「たまご」「バナナ」「鶏肉」がアップ。
「トマト」「緑黄色野菜」など野菜系がダウン。

ヘルシーコンシャス食品で
大きく伸びているのは乳製品の「チーズ」、
2015年18位、2018年14位、2021年9位と
順位アップです。

上位の「たまご」も着実に順位アップ。
2015年10位、2018年6位、2021年5位です。
そして、2024年の予測では、トップ4の「豆腐」「牛乳」を抜いて
3位です。

果物で最上位の「バナナ」は、2018年26位から
2021年12位へと、大きく順位アップです。
また、「鶏肉」は2018年32位から
2021年16位と順位アップです。

逆に、順位ダウンしているのは野菜系、
「トマト」「たまねぎ」「緑黄色野菜」順位ダウンです。

ヘルシーコンシャス食品 TOP20の変化
3年間隔

<ヘルシーアイテム>
健康食品やサプリメントでとりたい成分・素材

「タンパク質」が大きく順位アップ、
「ビタミンD」「オメガ3」もアップ。
「青汁」「ブルーベリーエキス」などがダウン。

健康食品・サプリメントでとりたい成分・素材である
ヘルシーアイテムの1位は「乳酸菌」です。

次いで2位「ビタミンC」、3位「食物繊維」、
4位「ビフィズス菌」です。
5位から7位は、「コラーゲン」「カルシウム」「DHA」。
このトップ7は、ここ数年間不動のヘルシーアイテムです。

順位の変化は8位以下で起きています。
大きく順位アップしたのは「タンパク質」。
2018年21位から2021年は8位に大きく順位アップです。

「ビタミンD」「ビタミンA」が順位アップ。
「ビタミンD」は、2024年予測では、「ビタミンE」と肩を並べます。

また、「オメガ3」も順位アップしています。

「GABA」(ギャバ)は、2018年71位でしたが、
2021年に33位と急アップ、
2024年予測では10位、トップ10入りです。

順位ダウンしてトップ20から消えたヘルシーアイテムには、
「青汁」「ブルーベリーエキス」「コエンザイムQ10」「セサミン」
があります。

「青汁」は2015年8位から2021年18位に
大きくダウンです。

意向ヘルシーアイテム トップ20の変化
3年間隔

<期待する効能効果>
健康食品・サプリメントに期待する効能効果

〈免疫力・治癒力〉〈脳・認知〉〈筋力〉がアップ。

健康食品やサプリメントに期待する効能効果
59項目の1位は「免疫力を高める」、
2位は「腸内環境を整える」です。
どちらも乳酸菌系の働きが関連しています。

トップ20の中で、順位がアップしているのは
「免疫力を高める」「風邪を予防する」「自然治癒力が高まる」
などの〈免疫力・治癒力〉があります。

さらに、 「認知症を予防する」「脳を活性化させる」
「老化を防止する」、〈脳・認知〉系が順位アップです。

それと「筋力を増強する」の〈筋力〉系もアップです。

逆に、順位がダウンしているのは
「野菜不足を補う」「骨を丈夫にする」「体調を維持する」
「栄養バランスを整える」です。

期待する効能効果 トップ20の変化
3年間隔

飲食するヘルシー
Healty Item 2022

お問い合せはこちらから

調査概要

調査の方法

調査方法 インターネット調査
対象者 20-79歳の一般男女
サンプル数 1200人
調査期間 2021年12月11日~16日
調査地域 全国

対象者の構成

対象者20-79歳男女を性別年齢で次にように均等に割り付けた

報告書目次

飲食するヘルシー
Healty Item 2022

お問い合せはこちらから

好きな風味・素材 Flavor Taste 2021